日本での販売本数、累計800万本突破の「ファイナルパソコン引越し」は、全米No.1のパソコン移行ツール、Laplink社の「PCmover」を日本市場に合わせて再開発した世界標準のパソコン引越しソフトです。米Microsoft社はファイナルパソコン引越しの開発元のLaplink社と提携し、Windows10の移行ツールとして「PCmover」を提供することを9月2日に正式に発表しました。日本では、AOSがLaplink社のPC Moverを日本語化し、「ファイナルパソコン引越し Win10特別版」として、独占的に販売しています。

consumer_title

corporation_title